<< PEPEの日記 65 | main | 20th BITCH の日記 65 >>

20th BITCH の日記 64

GW、終っちゃいましたね。

男(←これまた彼女のいる男)と新宿伊勢丹で、超ご満悦なお買い物して、
ひたすら飲む。
カラオケでクーラシェイカーなどのブリポや、
歌えねーよ、と言いつつ「愛が生まれた日」をほぼ完璧に歌うわたくし。
男→ナカコー、私→ミキちゃんでスーパーカーの「LUCKY」を
これまたほぼ完璧に完唱。
最後にセックスがあれば完璧、、、
なーんてなくてもとても楽しい一日を過ごした20th BITCHですこんばんわー


しかしまだ休みは残っている。。。。
いろんなもやもやを抱えた私を救ってくれたのは、PEPEと関口(本名)でした。

ありがとう青梅、フォーエバー
青梅の魔の第3コーナーでクラッシュ!
(アグリさん、やめないで!)

はしゃぎすぎ。

青梅の車窓から


はしゃぎすぎ2
買ったばっかのビルケン(もどき)の
サンダルで行ったのは、
青梅あたり=川で遊ぼう
だと思い込んでたため。




しかし行く先は山、山、山、そしてヤビツ峠。

10年(くらい)前の忘れ物をとりに行こう。。。
のスローガンを掲げるも、大吉に怒られるおで。

PEPE「かつては愛し合ったであろうふたりなのに。。。。」

そう、私はその昔大吉と恋仲でありました。
大吉、もしかして私が他の男と行ってると思ってジェラシー?
「俺だってわっかんねーんだよ!」なんて大吉に言われちゃいましたが、
大吉はその後も数々の女をヤビツ峠に連れて行ったらしいく、わっかんねーなんて大嘘のようです。
いろんな女をそこで落としていったんだね。

いや、でも年齢的にも免許取った時的にも初めて大吉と行ったのは私のはず。
(すぐ初めての女になりたがる。)



つまりはここに行きたかったんだよ!


これからは私が男を落としに行くところなので、あえて場所は教えません。
途中の廃墟のようなパーキングで、ハタチ前後の地元DQNと思われるおとこにょこに場所を聞こうとしたら、こちらの質問もままならぬまま、
「夜景っすか!夜景っすか!知ってますよ!知ってますよ!」
とテンション高めに教えてくれるではないか!

わたくし「や、やんちゃすぎて、カワイイ」
PEPE「おじちゃんが、お小遣いあげようかと思った。」

ってくらいのカワユさ。
でも地元民でも場所はわからなかったがね!


その後は前回のPEPE日記のとおり。

しかし事件は帰りにもやってきた。

あえてナビと逆の道からの帰宅を選んだわたしたちを待ち受けていたのは、
静寂の恐怖。
伝説の心霊スポット、虹の大橋へと向かうその道は、いつなにが出てきてもおかしくない山道。

こういうところでの死体遺棄事件、最近多いよね。。。。
PEPEと関口(だから本名なんだって)が私を消そうと目論んでいてもおかしくない状況です。

心霊スポット以上の恐怖、
ここに置いて行かれるくらいなら、PEPEにレイプされるほうがいい!と関口。

しかしこんな恐怖から私たちを癒してくれたのは、、、、
そうカーステレオから流れる「グロリア」
ZIGGYさんの伝説のあの曲です。
ちなみにこれが使われていたドラマは、「同・級・生」だそうです。
ちっとも記憶にありません。なんせ1988年ですもの。

グローリアー アイニージュラー おまーえのあついはぁーとで
ホーミターイ ローンリナーイもう二度と見せないで〜

ひたすら熱唱。
ただしPEPEとわたくしのみ。

関口(すでに関口の個人情報は守られてません)ついていけず。


ちなみに、なんとか展望台からの夜景は、
わたくしのヘポい携帯でもここまで撮れる明るさ!
ここでも女落とせるぜ。

sta-coun * 20th BITCHの日記 * 02:32 * comments(1) * trackbacks(0)

コメント

帰り「OVER」で号泣が抜けてるぜ。
Comment by PEPE @ 2008/05/09 3:17 PM
コメントする









トラックバック

このページの先頭へ